it might be started my community in the netherlands.

オランダで10日が過ぎました。一つのプロジェクトがリリース間近で、ほとんど家から外に出ない生活を送っていました。オランダにいても、リリース間近は忙しい。こんばんは。ただいまオランダは深夜1時14分。。週末ということもあり、家の前のカフェでクラブミュージックがんがんかかってます。

あーいきたい。

 

と、外の喧騒をうらやましいなと思いつつ、これからお世話になると決めたコワーキングのことをつらつらと書いて行きたいなと思います。

オランダのデータセンター(のコワーキング)を根城にすることに決めました。

Haarlem.TECH

データセンター内にある Startup や Digital Nomad 向けに開放されたコミュニティスペースです。

EvoSwhitch 社によって運営されています。(全世界の8%のネットワークトラフィックを扱っているらしいです。)

中はどうなってるかとか、周囲はどんな景観かとか、写真付きで書きたいのですが、そこはデータセンターということで、ご容赦を。見たい人は、近くまで Google Street View でお楽しみください。

 

ともあれ、何かとふとっぱら感がすごいので、いくつか驚いた点を書いておく。

いつ来ても、いつ帰ってもいい。

データセンターなので、もちろん24時間、年中無休。こちらでは、24-7(24時間、週7日稼働)というらしい。常に守衛さんがいるので、いつでも受付してもらえるということだ。ちなみに、ここでは社員証や正式なパスを持っている人でも、かならず入館にはID(免許証など)を提示しなければならない。そこはさすがデータセンター。

安い。

一般にコワーキングというと、オランダは高い。ちゃんと月20日とか利用しようと思うと、だいたい月に2万ー3万くらい。ロッカー借りてプラスαとか、そんな感じです。ここは、資本力が違うのと、もともとが余ってるスペースを有効活用してるだけなので、基本安い。そのくせ、自由度の高さに驚愕した。(Visitor だったら、何回来ても無料!)

何でもある。

ここでは、ミーティングルームも自由に使えます。黒板に予約だけ書いてはい終わり。プロジェクターやホワイトボード、プレゼンスペースも自由に使えます。ワークスペースはもちろん、wifiと電源があり、執務室としては結構広いです。周りは結構でっかいディスプレイを持ち込んで、作業してたりします。ロッカーも名前書いておけば使えます。疲れたら卓球台もあるので使ってもいいみたい。(元卓球部の血がざわざわ。。。)

ランチ、ドリンクもついてくる

データセンターの従業員用のカフェテリアをそのまま使えます。常時、パン、フルーツ、ドリンク、惣菜や野菜などもあり、結構メニューは豊富。お酒も。。。。(ミートアップ用ね。。

ミートアップもできる。

先ほどミーティングルームがある話をしましたが、ゲストが呼べます。ミートアップや勉強会に使うこともできます。データセンターの特性上、立地は郊外にあるので、時間帯には気を使いますが、そもそもデータセンターでミートアップするとか、楽しそうとしか思えないですよねw

 

と、いろいろびっくりしたシステム的なところを書きました。

上にかいたようなことも、決めた理由ではあるのですが、一番の理由は、そこにオープンなコミュニティがあったから。

 

  • つたない英語だけど、話すことが楽しい。
  • テクノロジーの話題で共感しあえることがうれしい。
  • 仕事はもちろんするのだけれど、ベースがコミュニティな空間であることがすばらしい。

ここでは、会社の枠を飛び越えて、議論が簡単に始まる。
勝手にブレストが始まったりする。
普段、ビジネス的な協調がほとんどなくても、ってとこがすごい。
関係性がフラットなのがとても心地よい。

何も拒否しない。否定もしない。異なる領域が交差することのシナジーをみんなわかってる感じがします。

この雰囲気の中では、人種とか国籍とか本当に関係ないことを肌で感じる。

  • IoTスタートアップのCTO
  • データセンターのマネージャー
  • フリーランスのデベロッパー
  • SNSインターフェースストラテジスト
  • UXデザイナー
  • コミュニケーションデザイナー

2日で、これだけの人と話をした。みな、アクセプタンスだ。自分の話を聞いてくれている感、わかろうとしてくれている感がはんぱない。
だから、こちらも頑張って説明しようとするし、その必死さも含めて伝わる。

いいサイクルが回ると確信めいたものがありました。

 

追伸:(そんななりゆきで、日本でのコミュニティとアレクサの話をデータセンターとコワキの人たちに紹介することになったw)
勉強会もしていいって。

やりたかったことは意外と早く実現できるかもしれない。

「世界はあなたが思っているより狭くて近い。」

これが僕がAWSやAlexaをやりながら示したいことだ。

国境とか人種とか時差とか関係ない。
それは、きっと個人が勝手に思っているレッテルで、簡単に取っちゃえることを実践していきたい。

つながることは、意外と簡単で、
「大事なのは好きなことを共感しあえる人に出会えるかどうか」それだけっていうことを証明したい。

そうやって、動き続ければ、何かのフィードバックが返ってくることを僕は体験としてわかっているし、この場所はそのよいモチベーションになると確信してる。

ひとまず、今できることは、日本、韓国、シンガポール、オランダ同時多発でオンラインミートアップをすることだ。
あー。この感覚は去年、韓国行ったときと同じだ。

さあ、おもしろくなってきたぞ!(写真は投稿とは全く関係ありませんw)

Home

オランダに行くことの意義

今日、オランダに発ちます。今の家とひとまずさよなら。となりで娘が寝ている横で、なんとか準備を終えて、ブログを書いています。

ただいまAM3時40分。

オランダで働く

実際は、日本でお付き合いしていただいてるクライアントの案件を続けます。なので、とくにオランダで職探しするわけではないのですが、すこしずつでもつながりを増やしながら、共感できる現地のクライアントともお仕事できたらなーと思っています。まず英語はよやれっていう話ですね。(相方にも散々言われています。。

なぜオランダなのか?

こういう質問をよくされるのですが、答えられません。なぜなら、オランダに行きたいのは相方だからです。僕はどっちかというとまきこまれたほうw

日本以外だったら正直どこだっていいんです。

まきこまれるのは得意です。

聞かれれば、相方から聞いたことをそのまま伝えています。正直あまり調べたわけでもないですし。。。(制度的に移住しやすい、とか、教育が一番進んでいるとか。。。)

とはいえ、何回かオランダに行き、人と接するなかで、(そのほかのヨーロッパ諸国に行ったことはほぼないですが)居やすい国だなあとは、人となりで感じていて、住むならオランダがいいなあとおぼろげに感じてはいました。他の国だと伝聞だけど、やっぱりこわいなあとかそういうのもあったりして。。

 

日本以外だったらどこだっていいのはなんでか?

僕のやりたいことは、「どこでも、だれとでも働ける」っていうことを実践することなんですね。

それは、好きなもので共感できれば、働くということに関して「場所、時間、人種は関係ない」っていうことをやってみたい、ということなんですね。

こんな思想になった背景としては、いろんなきっかけがあるのですが、大きな要因になってるのはこの2つだと思っています。

  • 「好きな技術を共感できたら、言葉は問題じゃなかった」という体験
  • 「時間を価値にして働くことに対する不合理な思い」

仲良くなるのに言語の壁はそんなに高く無かった

以前も書きましたし何度も書こうと思いますが、最初の体験は JAWS-UG と AWSKRUG が共催した meetup です。(2016年5月)

JAWS-UG、海を渡る!韓国のAWSKRUGと勉強会を共催

ここで、英語そんなにしゃべれないのにAWSっていう共通言語があるだけで、共感しあえるんだ!っていう体験をしてしまったので、もっといろんな人と繋がってみたい!っておもったんですね。そして、その年の re:Invent でも Alexa の中の人に突入するという足の軽さも手に入れることになったわけですがw

このブログの副題にもしていますが、– technology beyonds the world – っていうのは、(僕の好きな)テクノロジーは簡単に世界を飛び越える、っていうことを証明したい思いでつけました。

 

はたらきすぎをやめたい

「たくさん働かなければいけない原因は何か?」僕は、「時間を価値にしているから」だと思っています。そして、別の見方をすると、「本来の価値の安売り」とも捉えています。

本来の価値で売れないから、みんなたくさん働かないといけないんじゃないか?

ならば、それぞれが自分の価値を理解して、主張できて、適切な価値で働けたら、「はたらき過ぎ」という状況はなくなるんじゃないか?

これは、特に男のほうがやりたいんですよ。だって、働いてる圧倒的多数は男ですもん。

僕は、女性がもっと働けるように!とか政府さんは進めてるみたいですが、これには違和感を感じていて、男の労働時間を減らしたほうがいいんじゃないかと感じています。

総労働量を減らしても価値が生まれるようになればいいなと思うんですね。

それをするためには、「時間でいくら?」という価値観を根本的にかえていかなきゃいけないし、自分の価値はなんなんだろう?って考え続けないといけなくなるのですが、きっとそのほうが社会にもその人にもプラスになると思っています。(僕がそうだったので。

僕の屋号 tinms は、time is not matter, stupid を略したものです。

 

最終的に生きてる間にやりたいこと

結局のところ、僕のやりたいことって、テクノロジーを共通言語にして、世界中の人と仲良くなりたいし、そうやって、自分の意思で行動して生きていけるというのをやり続けたいんですよね。

今日からオランダに移住するわけですが、国とか関係なく、ヨーロッパのいろんなコミュニティと接して、つながって、世界がもっと狭く、小さいものだって、知ってくれたらいいなって思いで、いままでも、これからも勢いで突っ走ろうと思います。

 

だいぶポエミーなブログですみません。m(_ _)m

 

Life at Haarlem in Netherland

2 weeks past since we came to Haarlem.

I’m working at the co-working space “Zaamen” in Haarlem.
It have been work comfortably.

People in Haarlem has very kindness. We already took help so much from haarlem’s people.

It makes me positive to live this city.

We are searching house to live Haarlem. It is purpose the trip.

I’m challenging now. I can work anywhere to prove “Places is not matter to work for me”.

I think it seems to be possible at the moment.