オランダに行くことの意義

今日、オランダに発ちます。今の家とひとまずさよなら。となりで娘が寝ている横で、なんとか準備を終えて、ブログを書いています。

ただいまAM3時40分。

オランダで働く

実際は、日本でお付き合いしていただいてるクライアントの案件を続けます。なので、とくにオランダで職探しするわけではないのですが、すこしずつでもつながりを増やしながら、共感できる現地のクライアントともお仕事できたらなーと思っています。まず英語はよやれっていう話ですね。(相方にも散々言われています。。

なぜオランダなのか?

こういう質問をよくされるのですが、答えられません。なぜなら、オランダに行きたいのは相方だからです。僕はどっちかというとまきこまれたほうw

日本以外だったら正直どこだっていいんです。

まきこまれるのは得意です。

聞かれれば、相方から聞いたことをそのまま伝えています。正直あまり調べたわけでもないですし。。。(制度的に移住しやすい、とか、教育が一番進んでいるとか。。。)

とはいえ、何回かオランダに行き、人と接するなかで、(そのほかのヨーロッパ諸国に行ったことはほぼないですが)居やすい国だなあとは、人となりで感じていて、住むならオランダがいいなあとおぼろげに感じてはいました。他の国だと伝聞だけど、やっぱりこわいなあとかそういうのもあったりして。。

 

日本以外だったらどこだっていいのはなんでか?

僕のやりたいことは、「どこでも、だれとでも働ける」っていうことを実践することなんですね。

それは、好きなもので共感できれば、働くということに関して「場所、時間、人種は関係ない」っていうことをやってみたい、ということなんですね。

こんな思想になった背景としては、いろんなきっかけがあるのですが、大きな要因になってるのはこの2つだと思っています。

  • 「好きな技術を共感できたら、言葉は問題じゃなかった」という体験
  • 「時間を価値にして働くことに対する不合理な思い」

仲良くなるのに言語の壁はそんなに高く無かった

以前も書きましたし何度も書こうと思いますが、最初の体験は JAWS-UG と AWSKRUG が共催した meetup です。(2016年5月)

JAWS-UG、海を渡る!韓国のAWSKRUGと勉強会を共催

ここで、英語そんなにしゃべれないのにAWSっていう共通言語があるだけで、共感しあえるんだ!っていう体験をしてしまったので、もっといろんな人と繋がってみたい!っておもったんですね。そして、その年の re:Invent でも Alexa の中の人に突入するという足の軽さも手に入れることになったわけですがw

このブログの副題にもしていますが、– technology beyonds the world – っていうのは、(僕の好きな)テクノロジーは簡単に世界を飛び越える、っていうことを証明したい思いでつけました。

 

はたらきすぎをやめたい

「たくさん働かなければいけない原因は何か?」僕は、「時間を価値にしているから」だと思っています。そして、別の見方をすると、「本来の価値の安売り」とも捉えています。

本来の価値で売れないから、みんなたくさん働かないといけないんじゃないか?

ならば、それぞれが自分の価値を理解して、主張できて、適切な価値で働けたら、「はたらき過ぎ」という状況はなくなるんじゃないか?

これは、特に男のほうがやりたいんですよ。だって、働いてる圧倒的多数は男ですもん。

僕は、女性がもっと働けるように!とか政府さんは進めてるみたいですが、これには違和感を感じていて、男の労働時間を減らしたほうがいいんじゃないかと感じています。

総労働量を減らしても価値が生まれるようになればいいなと思うんですね。

それをするためには、「時間でいくら?」という価値観を根本的にかえていかなきゃいけないし、自分の価値はなんなんだろう?って考え続けないといけなくなるのですが、きっとそのほうが社会にもその人にもプラスになると思っています。(僕がそうだったので。

僕の屋号 tinms は、time is not matter, stupid を略したものです。

 

最終的に生きてる間にやりたいこと

結局のところ、僕のやりたいことって、テクノロジーを共通言語にして、世界中の人と仲良くなりたいし、そうやって、自分の意思で行動して生きていけるというのをやり続けたいんですよね。

今日からオランダに移住するわけですが、国とか関係なく、ヨーロッパのいろんなコミュニティと接して、つながって、世界がもっと狭く、小さいものだって、知ってくれたらいいなって思いで、いままでも、これからも勢いで突っ走ろうと思います。

 

だいぶポエミーなブログですみません。m(_ _)m

 

WordCamp kyoto 2017 で LTしてきた。

6月24日(土) に開催された WordPress のコミュニティイベント WordCamp kyoto に参加させてもらい、Lightning Talk をさせてもらったので、経緯とか、なんでやりたかったとかを書こうと思います。(写真あんまり取っていなくて、文字多い投稿になります。すみません。すみません。)

 

そもそもなんで呼ばれた?

とある飲み会の場所で、実行委員長であるHidetaka Okamoto さんに召喚されました。最初はセッションで。。。ということだったのですが、こっちはこっちでのっぴきならない事情もあり、LTなら。。と返答しました。

後日談)セッションオファーがうちの相方にもされていたようで、まさかの家庭内ダブルブッキングという。。。

なんでこのLTをやりたかったか?

とにかく新しいUX体験を。

僕は、Amazon Alexa  というAmazon が出してる音声認識エンジンをよく触っています。Voice Over なインターフェースを体験したときに、「これ、おもしれえええ!!!」ってなったんですよね。この体験を共有したかったんです。

そして、WordPress だって新しい体験をできる。まだまだできるし、楽しいことがたくさんあるよ!っていうことを伝えたかった。

 

LTでしゃべったこと

LTでは、焼き鳥屋さんの手が使えない状況を考えて、VoiceでWordPressサイトを更新する、というデモをやりました。

結構なひとが、「なんか楽しそう。。」って思ってくれてたみたい(勝手に僕はおもっていますが。。。)なので、やってよかったなーと思います。

これで、ちょっとWordPressでもあたらしい体験ができるんじゃないかな?って思ってくれた人がいるなら幸せです。

発表した資料はこちらです。

LTのデモ動画はyoutubeにアップしてます。

作り方はまた別の記事で書きますね。

 

WordCampの感想

初めての参加でした。

LT前はガクブル状態で、セッションほとんど聞けず、ひたすら資料を更新してたという状況でしたが、同時通訳のセッションがあったり、スポンサーブースツアーなるものがあったり、と考えてるなーって思いました。

そして、スタッフの量。これだけの人がボランティアで集結するコミュニティ力はすごいなーと改めて。

(セッションの感想とかなくて、ほんとごめんなさい。ごめんなさい)

また、懇親会では、いろんな人と繋がることができて、よかった。

コミュニティに参加しだしてから、また、フリーランスになってから、特に「」ていうのはあるように感じていて、こういった出会いも、どこかで何か繋がる感じがしていて、しゃべってくれたひと、ありがとうございます。

初めてお話しした人、実はニアミスしていた人、JAWS-UGでよく会う人、WordCamp EU で相方と毎晩飲んでて、今回は旦那のほうと飲んでる人などなど

まあ、正直テンションは上がるよね。男臭のするJAWS-UGとは違って、女子率高いし。(これホンネ。

さー次はセッション聞くぞ!(LTでド緊張してなければ)

 

と、いうわけで。。。

普段はAWS のユーザーコミュニティ JAWS-UG の神戸支部で活動をしているので、今日はどアウェイだったのですが、ほんとに楽しかったです!

召喚してくれた、Hidetaka Okamoto さん、ありがとうございました!

 

これで、WordPress を使ってる人も、初めて使う人も、ちょっとあらぬ方向を向いたら、もっと楽しくなるかも。。。という人が増えたらいいなと思いますw

 

 

 

stripe meetup KOBE #01 on Call !!

神戸で開催したオンライン決済サービス stripe のmeetup stripe meetup kobe #01  レポートです。僕は前日ローンチしたVR素材ECサイト 360images.io の開発ストーリーとstripeがびっくりするほど簡単にインプリメントできるんだ、という話をしてきました。(会場提供:Open Space D.E.P )

360images.io の発表資料はこちらです。

 

で、本編の内容などは他のかたのブログにおまかせするとして、この投稿では、当日stripeの決済体験で起こったハプニングと、なぜそんなことになったのか?とか、そもそもなんでこんなことをしようと思ったのか?などなど書いていこうと思います。

 

ことの発端はmeetup3日前…

私たちがD.E.Pでmeetupや勉強会をするとき、だいたい本編が終わったあと、会場でそのまま懇親会に突入します。いつもビールは投げ銭制。冷蔵庫の上の紙コップにお金を入れてもらうかたちです。

でも、今回は stripe の meetup なので、せっかくだし使ってもらおう。というのが3日前。

そして、今回 投げ銭用に用意したURLがこちら(普通にペイメントできるので、注意してくださいねw)

この投げ銭サイトには、Stripe Checkout というサービスを使っています。

とにかく、数10行のコードでセキュアに、かつ、短時間に決済のしくみを作ることができるので、びっくりです。

しかも、この投げ銭システムはサーバーレス。(。。この話はまた次回

体験が大事

「おもしれー!!」って思える体験はほんとに大事。どれだけセッション聞くより一回やってみて感じることがほんとに大事。だから、ぜったい投げ銭stripeはやるべきだと思った。実際おーっ!てなってるの見てて楽しかったです。

stripe 体験でビールを買おう!

 

本編について

本編のもようは、ほかのかたにお任せします。

#JP_STRIPES (STRIPE ユーザーグループ)IN KOBE キックオフに参加してきました

JP_Stripes (Stripe ユーザーグループ)in KOBE キックオフ に参加しました

「宴もたけなわ」のトラブル発生。

さて、本編、懇親会も楽しく終わろうとしていたそのとき、前日 stripe meetup KYOTO #01 でも登壇していた Hide Okamotoさんとstripeの Danielさん から衝撃の一言が。。

「500円て書いてあるのに100円で決済されてる。。。」

「!!!」

顔面蒼白でダッシュボードを見るワタシ。

たしかに、100円で決済されてる。。。なぜ!?

今回の投げ銭サイトは Stripe Checkout のリファレンス にあるサンプルコードをほぼそのまま使っています。5行目のdata-amount が実際に表示される金額です。

ここで入力した支払いのリクエストは、サーバーに送られます。以下はバックエンドのコードです(AWS Lambda)。26行目の引数が決済する金額です。

画面は修正後のものです。

ここに100と書いてあったので、全てのペイメントは100円で決済されていた。ということになります。(がーん)

フロント側に書いてあったdata-amoutはあくまでUIのためのもので、サーバーには送られません。

ちなみに「リクエストから決済金額を取得できないのか?」というのは、開発者であれば自然な考えです。結論からいいますと、リクエストに決済金額は乗ってきません。サーバーに決済情報が送信されるとき、stripe_token(16行目)という決済用のトークンが発行されるのですが、このトークンからリクエストの決済金額を引っ張ることはできません。

 

緊急招集、緊急会議へ!

さて、Danielさん、Hidetaka Okamotoさんとワタシで、緊急コードレビューが始まりました。stripe ダッシュボード、フロントコード、バックエンドコードをレビュー。(22時くらいだったか。。

緊急ミーティングの様子

すでに100円で決済しているので、残りの差額(400円)をいただくようにコードを修正してデプロイ。(ビールは500円で売ってました。。

顔面蒼白で修正するわたし

そして、みなさんに「ごめん!100円だった。差額の400円ください!」と大声でアナウンスして、再び stripe体験。(いいように言うなって。。

Danielさん、Okamotoさん、本当に助かりました!この場をかりてありがとう!m(_ _)m

 

まさかの展開で終了した今回のミートアップ

本編で、登壇いただいたstripeのSarahさんが、障害対応についてのセッションがあった直後の出来事で、まさか私に On Call が来るなんて。。。

 やっぱり神戸では何かが起こる。。。というのを印象づけるミートアップになってしまいました(笑

おもいっきりバグを埋め込んだのは事実なのですが(ごめんなさい、ごめんなさい)、その場ですぐ人が集まって、話して、修正して、デプロイして、報知して、リカバリすることをものの数分でできてしまう、、、

こういうアジリティはAWSをはじめとするクラウドだったり、その上に構築されたstripeの圧倒的な構築のしやすさであったり、余計なものを整える必要がなくなったテクノロジーの進化がほんとに大きいなと感じた瞬間でもありました。

あー焦ったけど、楽しかった。

次回に向けて。。

360images.ioのフェーズ2に向けて、今は、運営側がWPの管理画面から直接商品を入れていますが、これをユーザーさん同士の売買にしたいと思っています。Aさんが素材をアップしてBさんが買う、みたいな。そこで、今回のmeetupでDanielさんのセッションで言われていた stripe Connect  を導入して見る予定です。またミートアップで報告できればと思っています。

それでは、また次のstripe meetup KOBE で 体験しましょう!

Alexa Days 2017 その後。。

Alexa Days が無事終わりました。

3月に開催された JAWS DAYS の後、Alexaセッションのメンバーで持ち上がった企画でした。
予想したよりも、賛同してくれた支部が多く、イベントの規模が大きくなってドキドキしてましたが、何より、無事終わってくれてホッとしています。

これからも、Alexa と戯れる人がもっと増えたらいいなと思います。

今回は、Alexa Daysをやろうと思ったきっかけとか、いろんな支部(海外含めて)との共催にこだわる理由などなど、書いていこうと思います。

Alexa Days をやろうと思ったきっかけ

最初は単純な思いからです。JAWS DAYS の Alexa セッションでいろんな人に助けてもらって、すごい達成感があったんですよね。(とても疲れたし、セッション見れてないしとかはありますけど)

それで、次もこのメンツでやりたいなーと思ってセッション検討するスレッド上で呟きました。

JAWS-UG っていうかコミュニティの中の人たちって、僕の経験上 手を挙げた人に対して、背中押すことはあっても、「やめときなよ」っていう人は一人もいないので、なかば勢いだけで突っ走る傾向にある僕にとって、この雰囲気とっても素敵な場所です。

やってみたいことがあった。

去年1年 JAWS-UG KOBE をやって、僕なりに感じたことがありました。この感じをシェアしたかった。

その1. 国とか関係ないじゃん。

去年、僕の行動原理を大きく変える出来事がありました。昨年5月にAWS KRUGとJAWS-UG との間で行われたmeetupがそれです。

JAWS-UG、海を渡る!韓国のAWSKRUGと勉強会を共催

KRUGのホスピタリティに感動したのももちろんあります。もっと感じたのは、僕が英語とかあんまりできないけど、AWSをはじめとして、「テクノロジー」っていう共通言語があれば、共感できるということ。

だから、日本とか韓国とか飛び越えて勉強会を共有したかったというのがあります。

 

その2. 小さな集団でもリクエストしていいじゃん。

海外のUGといっしょにやるのは、段取りとかとても大変。言葉の壁もある。確かに通訳とか必要だし(いつもKRUGには翻訳パワー使ってもらっています。ありがとうございますです。ほんとに。)、準備として考えないといけないことはあります。

だけど、その度にお互いを招聘する段取りを整えて来てもらったら、ビッグイベントしか呼べないじゃんて思ったんですよね。JAWS-UG のたかだか1支店でも海外UGといっしょにローカルに勉強会できたらいいなと。ゲストとかホストとかなしで、フラットに。

そのためには、小さな勉強会でもコラボできます。普通にできます。っていうのを示したかったんです。

 

その3. 地方の支部の運営を楽にできない?

JAWS DAYS の懇親会で、名古屋支部の筒井さんとお話する機会がありました。

東京、大阪以外の支部運営をする上で困ること

  • コンテンツ
  • 集客
  • 場所の確保
  • 日程の調整

などなど

だいたい悩みは同じようなものです。

そもそも人が少ない上に、コンテンツをどうしようか、登壇者をどうしようか、ネタが切れるんですよね。支部の中だけでコンテンツを出そうと思ってもなかなか難しいっていう思いがお互いあったんです。継続するためには。

JAWSのようにこれだけ支部があると、どこかの支部で、これ聞きたいなーとかもあるわけで、同じ日本なわけだし、支部共催で交代でコンテンツ出すとか、東京の勉強会に合わせて、オンラインでジョインしてみるとか、そういうアプローチがあれば運営する側が楽になるなーと思っていたんです。

だから、複数の支部が同じ時間に勉強会をやる、っていうのはいいことばかりなんじゃないかと。

 

そして、Alexa Daysへ。。。

ドラクエ3みたいな釣りになってしまいましたが、上に書いた思いみたいなところがあって、JAWSの総会の後とかにいくつかの支部の方には声かけさせていただいて、突っ走りました。

正直なところは、4つか5つくらいの支部で共催できたらいいなーと考えていたのですが、次第に5つも6つも同じか。。。と思うようになり、全国版のスレッドに投稿しました。

たくさんの支部が参加!って手を挙げていただけたので、テンション上がってしまって、どんどん大きくなって、16支部参加のビッグイベントに。。w

ドキドキ Alexa Days

規模が大きくなるにつれ、ドキドキ度は増す一方でした。1支部でもつながらないとこがあったら?とか、登壇者の切り替えはうまくいくか?とか、

だいたい私の場合は、いろんなところまで配慮できてないことが多いので、いつまでたってもどっか心配してました。(最終的には、もう考えてもしゃーないって開き直るんですけどねw)

実際、参加してくれた支部の方々には、時間つくっていただいて、接続テストまでしてもらったりしましたし。それでも当日は魔物がいるので、不安は消えず。

こんな不安も、(オーバーランはしましたがw)実際やってみれば、大きな問題もなく進んでいたので、よかったなあと思う次第です。

(裏のslackはかなりの数が飛んでましたが。。。w)

 

当日の様子は、togetterとかで少し感じてもらえればと。

Alexa Days のまとめ #jawsug #alexadays #awsugkr

 

Alexa Days の発表資料など。

What is Alexa and AVS(JAWS-UG KOBE 伊東)
https://speakerdeck.com/haruharuharuby/alexa-days-2017-alexa-and-avs

Alexa Skills Kit
https://www.slideshare.net/junichikawa1/alexa-skills-kit-76076025

Cooking with Alexa!
https://speakerdeck.com/ysak/alexadays2017

Alexa Days 2017 で Alexa SkillのバックエンドにWordPressを使う話をしてきました
https://wp-kyoto.net/alexa-days-2017-lt/

Alexa x IoT
https://www.slideshare.net/GenkiOkuma/jaws-ug-alexa-days-ltokuma20170517

 

といった感じで、Alexa Daysでやりたかったことを書きました。

とにかく、お疲れ様でした!

これがきっかけで、支部間のコラボレーションが活発になったら幸せやなあとかおもいつつ。

次はもっとエスカレートするんだろうなあ。w

 

あ、あと今回のAlexa Days シンガポールUGも見てたんだった。感想ききたいなー。次は一緒にできたらなあ。。。とか、思っていたり。