AlexaDay2018

Alexa Day 2018

2月11日の日曜日、三連休のど真ん中に神戸で開催された Alexa Day 2018 が終わりました。どのセッションも参加者のAlexaや、VUI(Voice User Interface) への関心の高さが伺えました。今回のテーマであるAlexaを中心に、その周辺領域を含めたコンテンツが充実していたのはもちろんですが、スピーカーが、オーディエンスを惹きつけるプレゼンテーションをしっかり準備していて、話す側、聞く側がともに惹きつけあっている空間だったと思います。

当日のtweetの数が、当日の熱量を物語っています。ページ送りするのも若干めんどくさいほどの量です。

[togetter]Alexa Day 2018 のまとめ #alexaday2018 #jawsug

私はオランダからAlexa Day 2018にかけつけました。(Alexa Day 2018の言い出しっぺなので、行かないわけにはいかないです。)

Alexa の聖地」とまで呼ばれるようになった神戸で実現できたということが、とても嬉しいです。

このポストでは、Alexa Day 2018 前後の私のドタバタ劇について、少しだけ。

[ ドタバタ1]  前日になっても懇親会とスキルコンテスト用のデモ映像ができてないw

セッションの資料は最終公正を残して、ほぼできていました。

が、

懇親会用のVJムービーとスキルコンテスト用のデモムービーができていません。懇親会の話題があがったとき、会場にスクリーンやDJ機材があるとわかると、「DJしたい!」というクラメソのせーの氏、セクションナインの吉田氏が立て続けに名乗りを上げ、その昔VJだった私にも火がついてしまい、懇親会用の映像を作ると宣言しました。しかし、前日になってもできていませんでした。

久しぶりに触る adobe after effects が不安でしたが、昔とった杵柄は錆びてはいませんでした。(たくさんの部分を技術の進歩に助けられましたw

after party 用の映像はこちらです。

そしてコンテストのデモムービーも急ピッチで撮影しました。このムービー、Alexa Day 2018 Pre Day の15分前にできました。当日は、スタッフとして参加していたmt8 に撮影を手伝ってもらいました。

コンテストで発表した資料はこちらです。

Push And Go のソースコードはこちらで公開しています。

https://github.com/haruharuharuby/echo_buttons_push_and_go

コンテストは、社会に役立つスキルのプロトタイプや、クイズ、カルタなど、いろんなカテゴリのスキルが出ていました。オーディエンスはかなりロックオンされてたように思います。

コンテストの結果はこちら。

 

[ドタバタ2] 突然 Alexa Day 2018 PreDay が始まる

Alexa Day 2018 の前日は、あいにくの雨模様。遠方から来神するスタッフ、スピーカーも多く、Pre Party を開催することにしました。最初は、3人ほどの集団でしたが、21時すぎあたりから急にスケーリングが始まり、楽しいパーティになりました。前日から深夜1時くらいまで飲んでたのかなw

[ドタバタ3] セッション資料にまさかの名前がない。

前日遅くまで飲んでいたので、ホテルに帰ってからはバタンとなりました。そして、当日の朝早、会場に入る前に、いつも私が帰国時に利用している Open Space DEP で資料を調整しました。これで安心して臨んだセッションでしたが、自己紹介でいきなりオチました。

「自己紹介しまーす。、、、アレ?名前が書いてないw

名前以外全部書いていたのに。。

セッション資料はこちらです。(名前は書いてますw)Alexa Enabled Device はEchoだけじゃないぞ。作ってったいいんだぞ。というのが少しでも伝わればいいなと思います。Alexa Day 2018 のサイトでも近いうちに全ての資料が公開されると思います。行けなかったかたは、チェックしてみてくださいね。

 

他のセッションも全部見れたわけではありませんが、参加したセッションはおもしろいものばかりでした。特に Celevoさんのセッションが楽しかったです。毎年CESに出展しており、生の情報が満載で、かつ 自社のデバイスもロックオンされるものばかりで、きっとオランダに帰ってから何点かポチると思います。

[ドタバタ4] 結局こうなるJAWS-UG 神戸

懇親会も楽しく終了し、解散、、、するはずがないのが、JAWS-UG 神戸です。懇親会では話すことに夢中であんまりご飯を食べておらず、お酒だけ入れたためか、2次会ですでにフラフラでした。。そのあと、ラーメン食べてオールでカラオケという鉄板な流れに。。。付き合わせてしまったみなさんすみません。m(_ _)m

さいごに

JAWS-UG 神戸を引き継いで、Alexa を教えていただいたのが、2年前。そして、「デバイスと声で対話する」という体験をシェアしたいという思いで勉強会をずっとやってきて、こういう形でひとつの大きなものができたことに、感慨深いものを覚えつつ、今後もJAWS-UG 神戸のAlexa 好きは当分続きます。各地でAlexa な勉強会やハンズオンも増えています。Amazon 主催のセミナーも多く開催されています。もっと、Voice な体験で、わくわくしてほしいなと思います。

オランダに拠点はありますが、JAWS-UG 神戸 の勉強会には、オンラインで参加しますし、運営もやっていきます。たまには、帰ってきます。

ぜひ次はローカルな勉強会でお会いしたいものです。

JAWS-UG 神戸 Facebookグループ & Doorkeeper

https://www.facebook.com/groups/450069605016080/

https://jaws-ug-kobe.doorkeeper.jp/

それでは、よいVoice 体験を!!

retrospective of 2017

早いもので今年もあと1日。あっという間に今年も終わりが近づいてます。

月日が経つのは早いもの。。。と物思いに吹ける間も無く、次の年がやってくる。

「勢いドリブン」と命名された今年の一年をざっとふりかえってみます。

オランダに住む

7月からオランダに住むことになりました。家族ともどもです。相方に巻き込まれて2年越しの計画?が実を結んだかたちとなりました。

4月に下見で行ったオランダで、奇跡的な縁で家を見つけ、「5、6月も抑えるから住ませてくれ!」と家主さんと交渉し、はれて7月から住むことになりました。

そこで、個人的には奇跡じゃないか?と思える出会いがありました。

奇跡1:  日本人と出会う

私が住む Haarlem という街に日本人は少ないです。オランダにはAmstelveen という日本人がたくさん住む街がありますが、私たち家族は下見の時点で Haarlem という街にロックオンされていたので、それ以外の選択肢はあまり考えていませんでした。そこで、素敵な出会いがありました。

フォトグラファーの Atsushi Harada さん

Livit の Noriyuki Oka さん

フリーライターでチェリストの Mako Yasuda さん

約8000人しかいない日本人のうち3人がHaarlem という街で会い、全員がフリーランサー。Haradaさんに写真を撮っていただいたり、OkaさんにAlexa で記事を書いていただいたりしました。

Mako さんは家が近いこともあり、たくさんのオランダのサバイバル情報を共有させてもらっています。そして娘はMakoさん大好き。

オランダに来て2ヶ月で、このような発信力を得られたのは Oka さんはじめ、紹介いただいた Haradaさんのおかげ。ありがとう、ダーハラさん。

奇跡2: コミュニティと出会う

Haarlem.tech というコミュニティの構成員になりました。データセンター内にワークスペースがあり、2017年2月に立ち上がったばかりのコミュニティです。

I’m joined a member of Haarlem.tech

2年前にフリーランスになって、コミュニティでの「縁」が生活の面でも、メンタルの面でも、ほんとうにいろいろな場面で私を助けてくれました。だから、オランダでもコミュニティにコミットしたい、という思いが強くありました。人とつながる場所を求めて、コミュニティを探していたとき、Haarlem.tech を見つけました。

Founder の Max と話をして、とても私と似た価値観を持ってる人だってのが、お互いにすぐわかりました。迷うことなく、ここを根城にしようと決めました。

テクノロジーを誰でも使えて、誰もが幸せになるように。

私とMaxはこの価値観を共有しています。

11月のある日、Max とコミュニティについて、お酒飲みながらたくさん語りました。そして、ひとつの企画ができました。来年、ここオランダで楽しいことができるかもです。

これからも、ここ Haarlem.tech から、日本人がオランダのコミュニティから発信する、というアクティビティをいけるとこまで続けていきたいと思います。

コミュニティ

私が運営に携わる JAWS-UG KOBE はじめ、今年は WordPress コミュニティに乱入したり、海外のAWS コミュニティとコラボレーションしたりと、クロスコミュニティを実践した年でした。(渡航費がすごいことになってますw)

JAWS-UG KOBE

2017年 JAWS-UG KOBE は8回の勉強会を Open Space DEP で開催しました。

2017年 JAWS-UG KOBE 勉強会リスト

特に大きかったのは 5月17日 にJAWS-UG の全国15支部で同時多発開催した Alexa Days 2017。支部や国を飛び越えて「Alexa」っていう共通のワードでつながる体験ができたのは本当に幸せな体験でした。うれしすぎて、「ぐふふ」って家で泣きました。

JAWS-UG15支部と韓国のAWSKRUGが「Alexa Days」を共同開催

Alexa Days 2017 その後。。

WordPress コミュニティでAlexaを語る

2017年は、WordPress コミュニティにAlexa で2回乱入しました。JAWS-UG KOBE の勉強会では、Alexa はけっこう知ってるかたが多いので、アウェイでの反響はとても貴重な体験でした。未来へのワクワク感を持ってくれる人がいて、大人の目のキラキラした感じがすてきだなあと感じた瞬間でした。

Alexa はいいぞ。

WordCamp Kyoto 2017

 

WordBench Osaka REST祭

 

Alexa なんだよ。

まあ、今年もよくAlexa したな。という感じです。やっと、日本にもEchoが上陸し、ビッグウェーブが来ましたね。そのタイミングで日本にいない私もどうかと思うのですがw

とはいえ、日本上陸と同時に、Alexa Skill をローンチできたのはとても貴重な体験でした。Secual 様ありがとうございます。

スマートホーム Alexaスキル開発事例(株式会社 Secual 様)

まだまだ、日本で使えるAlexa の機能は限定的ですが、これからまた確実に入ってくる Voice 体験を、ユーザーにも開発者にもワクワクしてほしい、っていう思いでコミュニティから伝えていけたらと思います。

来年2月11日、神戸で Alexa のお祭りします。神戸に集合してワクワクしましょう!

Alexa Day 2018

で、オランダでの生活はというと、、、

お仕事は全て日本のクライアントからいただいています。なので、お仕事のやりとりはもちろん日本語です。Alexaスキルを作ったり、Ruby On Rails でお仕事いただいたり、Python, Node.js、(初めて)PHPもやりました。たくさんの言語を触らせていただいたなーという感じです。楽しかったー。プログラミング好きなんだなーと再確認させてもらった感じです。

今年はなんとか生活できましたが、日々サバイバルです。来年はどうなるかまったくわかりません。ですが、「先のことなんて誰にもわからないので、今できることをする」というのが私のスタンスなので、これからも自分の気持ちに正直に、「思い立ったらちょっと考えてすぐにアクション」、をこころがけて、来年もサバイバルしようと思います。

オランダはなんだかんだで生活コストが高い。そして税金も高い。娘もいるなかで、どこまでいけるか?という不安は尽きないですが、「なんとかなる」精神で頑張るしかないなと思います。(お仕事まってまーすw)

これまで雰囲気とノリで乗り切ってきて、幼稚園レベルの英語しか話せない私は、まだオランダで仕事をするだけのコミュニケーション能力がないので、これは来年の目標。

来年は。。。

今年1年、TiNmS という屋号で、日本の事業主として働いてきましたが、この屋号は今年で廃業しました。来年からは、オランダの事業主として屋号も変えて、本格的に活動を開始します。今年の出会いとコミュニティの「縁」に感謝しつつ、来年もよろしくお願いします。

 

最後になりましたが、2017年のラストダンス、みなさまよいお年を。

Amazon Alexa Echo Buttons Push And Go!

 

Amazon Alexa Advent Calendar 2017  20日目の記事です。

re:Invent の Workshop で、Amazon Echo Buttons をゲットしました!そして、同時に、Gadgets Skill API(BETA) を使えるようになりました。

Workshop では、Echo Buttons を使ったアイデアソン的な時間もあり、そこで思いついたアイデアをこの場を借りて形にしたいと思います。

まず、Echo Buttons とはなんぞ? というかたはこちらの動画をどうぞ。

Amazon Echo Buttons

とてもシンプルなボタンですね。

どんなゲームを作るか

つづいて、作るゲームですが、題して ‘Push And Go!’ 

2つのEcho Buttons を一つはスタートボタン、もう一つをストップボタンとして使い、スタートボタンとストップボタンを押す間の時間を計測して、より時間の短い人が勝ち、というゲームです。

では、さっそくやってみました。ところどころコントロールが足りてないところはご容赦ください。。

Push And Go game Prototype

Bluetooth が理論上100mくらいまでいけるので、「あの木にタッチ」的なこともできますね!

wifiと電源必須ですが。。

Gadgets Skill API (BETA)

Echo Buttons をコントロールするために、Gadgets Skill API を使います。まだこちらは利用できません。re:Invent のWorkshop に参加した人だけが使えるようになっています。興味のあるかたは、API が利用可能になったときのお知らせに登録しておきましょう。以下のページから登録できます。

Alexa Gadgets

Push And Goのコードはこちらに置いています。今後も少しずつ勉強もかねて改善していく予定です。Gadgets Skill API が使えるようになり、Echo Buttons が日本でも買えるようになったら、試してみてはいかがでしょうか。

さいごに

Echo Button 超楽しい!

 

 

Amazon Echo に対応した スマートホーム Alexaスキル開発事例 (株式会社 Secual 様)

株式会社 Secual 様のAlexa Skill を開発しました。

Amazon Echo / Alexa がついに日本で発売が開始されました。Amazon Echo の発売に合わせ、株式会社 Secual 様の Alexa Skill を mt8 と共同開発しました。

スマート・セキュリティのSecual(セキュアル) 、「Amazon Alexa」に対応開始 ~「Secual」のAlexaスキルを一般公開、音声コントロールが可能に~

セキュリティをもっとカジュアルに。

Secual は、窓やドアに設置したセンサーがゲートウェイを通して、スマホアプリへリアルタイムに通知してくれる侵入検知のソリューションです。

この Alexa Skill を使うことで、たとえば外出する際、玄関先に置いたAmazon Echo に話しかけて、Secual のセンサーを操作することができます。

スマートホーム、スマートセキュリティをぜひ体験してみてください。

スマホはカバンに入れたままで。。。

「アレクサ、セキュアルを開いて」

「アレクサ、セキュアルを開いてセキュリティをオンにして」

老若男女 わけへだてなく、「声」で操作できるセキュリティを。

 

株式会社 Secual

mt8

Tinms